ニキビ治療について

皮膚科へ行く時に

皮膚科に相談ニキビ程度で医療機関に行くのは面倒だと考えている人もいるでしょう。
しかし、ニキビができたら早めに皮膚科での治療を始めるのがおすすめです。

それによってニキビを早く治すことができますし、ニキビ跡を残さないようにすることもできるのです。

重症のニキビしか治療できないというわけではありません。
軽いニキビでも治療を受けることができますし、適切なケアによって症状の悪化を防ぐことができるのです。

また、ドクターのアドバイスを受けることにより、ニキビの再発リスクを低下させることができます。
ニキビは皮膚の病気であり、自己流のケアで悪化させてしまうのは良くありません。

専門医に任せる

ニキビ治療では主に塗り薬が処方されます。
炎症を起こしている赤ニキビには抗生物質が効果的とされています。

そのためアクネ菌を殺菌する抗生物質が含まれた外用薬が処方されることになります。

また、ニキビの根本的な原因は毛穴が詰まることであり、毛穴の詰まりを改善して
詰まりにくくする薬が処方されることもあります。

ニキビが重症な場合、経口摂取で抗生物質を投与することもあるとされています。
また、薬による治療だけでなく、毛穴に詰まっているものを物理的に除去する治療方法などもあります。

それによってニキビを早く治すことができますし、ニキビの悪化を防ぐことができるでしょう。
ニキビは素人が自己流の方法で潰すと逆に悪化してしまうリスクがあります。

そのため皮膚科で処置をしたもらった方が良いでしょう。重度の炎症が発生しているニキビの場合、
患部に直接ステロイド剤を注射することがあります。

注射する

この方法は薬を直接打ち込むことになるため、他の方法よりも即効性が期待できると言われています。
ニキビの根本的な原因は毛穴の詰まりですが、毛穴の詰まりは乱れた食生活や間違ったスキンケア、
ストレスなどが原因で発生してしまいます。

そのためニキビ治療を行うだけでなく普段の生活習慣を見直してみると良いでしょう。
皮膚科でニキビを治療していても自宅でのスキンケアが重要です。

スキンケアの注意点としては正しい方法で洗顔や保湿を行うということが挙げられます。
メイクをしている時はクレンジング剤でしっかり落としてから洗顔料で優しく顔を洗うようにしましょう。