ニキビ治療について

赤みのあるニキビ

皮膚科に相談ニキビ跡にはいくつかの種類があります。
その中でも赤みをおびているニキビ跡は、ニキビが出来てから
6ヶ月以内のもので、比較的症状が進行していない状態のものです。

このタイプのニキビ跡を治療するためにはレーザーを使用するのがおすすめです。

活用する

特に赤色に吸収されやすい特性を持つVスターレーザーやピュアアクネス、
クリアタッチ、フォトシルクプラスといった機器を使用していきます。

守る

Vスターは酸化ヘモグロビンに吸収されるものを使って治療を行います。
ピュアアクネスはアクネ菌を死滅させる光や肌質を改善させるオレンジ光、
炎症を軽減させる赤色光など様々な光を使って治療していきます。

また、6ヶ月以上経ってしまったものには、コラーゲンの生成を促す
作用を持つフラクセルレーザーなどを使用することがあります。

接触型冷却装置と呼ばれる装置を使用して、皮膚の表面を守りながら
治療を行うので、肌が弱い方でも比較的安心して治療を受けることができます。