ニキビ治療について

赤みのあるニキビ

皮膚科に相談ニキビ跡にはいくつかの種類があります。


その中でも赤みをおびているニキビ跡は、ニキビが出来てから
6ヶ月以内のもので、比較的症状が進行していない状態のものです。

赤い

このタイプのニキビ跡を治療するためにはレーザーを使用するのがおすすめです。

特に赤色に吸収されやすい特性を持つVスターレーザーやピュアアクネス、
クリアタッチ、フォトシルクプラスといった機器を使用していきます。

Vスターは酸化ヘモグロビンに吸収されるものを使って治療を行います。

血液中の重要な成分「ヘモグロビン」の働き

ヘモグロビンは、血液の中に含まれている赤血球中に存在しているタンパク質で
体中に酸素を運ぶ重要な役割を担っています。

血液が赤いのは、このヘモグロビンの持っている色素が赤みを帯びているからなのです。
ヘモグロビンの構造は四量体構造となっていて、この部分に存在している鉄原子に
酸素が結びつくことで運搬できるようになっています。

結合すると鮮やかな赤みを伴ったオキシヘモグロビンとなり、一般的に動脈血の色になります。

一方で、分離すると暗赤色のデオキシヘモグロビンとなり、一般的に静脈血の色とされています。
ヘモグロビンには異常な形態のものが存在していることが知られていて、鎌状赤血球は有名です。

この形態は、遺伝子の異常によって発現することが認められていて、貧血の原因です。

運搬はではどのように行われているのかというと、血中分圧の高い肺で結びつき
血中分圧の低い末梢の組織で分離する仕組みとなっています。

そして運搬の効率を高めるために、1つのヘムに結合するとその信号が伝わり
周辺のヘム四次立体構造が変化し、結合性を増加させることで効率化を達成させています。

よく問題とされる一酸化炭素中毒については、一酸化炭素はヘモグロビンに非常に結合しやすいことから起こる中毒です。

施術

効果的なレーザー治療を受ける


ピュアアクネスは、アクネ菌を死滅させる光や肌質を改善させるオレンジ光、
炎症を軽減させる赤色光など様々な光を使って治療していきます。

また、6ヶ月以上経ってしまったものには、コラーゲンの生成を促す
作用を持つフラクセルレーザーなどを使用することがあります。

接触型冷却装置と呼ばれる装置を使用して、皮膚の表面を守りながら
治療を行うので、肌が弱い方でも比較的安心して治療を受けることができます。